JA

COLUMN

COLUMN

寄稿『私とサラヴァ!』

ドラマー、シンガーとしてのみならずコンポーザー、プロデューサーとしても日本の音楽史に多大な影響を与えた高橋幸宏。 逝去から約一年、ソロデビューアルバム『サラヴァ!』(1978年)、続く2nd『音楽殺人』(1980年)の リリース記念日にあたる6月21日に合わせ、高橋幸宏の魅力を探求する特集を実施。

SOUND FUJI 編集部

2024.6.21

COLUMN

海外からの寄稿|高橋幸宏へ寄せて

SOUND FUJI 編集部

2024.6.21

  • 『King Jazz Re:Generation』 プロジェクト第1弾は大坂昌彦、クリヤ・マコト、中川英二郎、原朋直らの35タイトルを一挙配信

  • 【キングレコード × 和モノA to Z 2024年版】 DJ吉沢dynamite.jp選盤&ディスクレビュー後篇

  • 【キングレコード×和モノA to Z 2024年版】DJ吉沢dynamite.jp選盤&ディスクレビュー前篇

  • じゅん&ネネ、平尾昌晃が変えた二人の運命

  • 【ELECTRIC BIRD】TREASURE ISLAND vol.6

  • ビリー・バンバン菅原進が語る、アルバム5作品セルフライナーノーツ

  • プロデューサー高橋信之が語る!小林啓子アルバム3作品 制作秘話

  • 【キングレコード × 和モノA to Z】吉沢dynamite.jp選盤&ディスクレビュー後篇

  • アストゥーリアス初期三部作配信記念、大山曜がアルバム制作秘話を語る